ひとりごと

ネット論・育児・仕事・感想等、日常の中にあるちょっとした事に目を向けて書いていく雑文ブログです。

ひとりごと イメージ画像

思考

 去年の春に仕事の内容ががらりと変わり、想定外の異動に苦しみつつ思う事を、ここではき出したりもした。  前任者2人がいなくなり、1人で0から取り組むのは本当にきつかった。相談相手もいないし。ただ一人いたのが、前の仕事の時に多少関わりがあった人。仕事内容は今の
『仲間が増えていく喜び』の画像

 私は色々な人を助けてあげたいと思う。ただ、色々なの範囲が狭い。色々と言っているのは目に付く範囲であれば誰も彼も的な感じであって、世界中の人をこうやって救いたい!とかそういう事は全然考えていない。考えていないから行動も無い。  では、身近な人であれば、自

 タイトルはホッテントリメーカーでつけたので、特に意味は無し。そもそも前に考えた事も無い(笑)。どちらかというと、カフェの価格設定ってあれで成り立ってるんだなとしみじみしたので、それを書いてみようという感じ。そういう意味では「カフェの価格の意味」を考えると
『もう一度「カフェの価格」の意味を考える時が来たのかもしれない』の画像

 すっかり中年になり、間違っても若手とは言って貰えない年齢を感じる(笑)。体力も気力も落ちていく。経験してきた事をベースに、新しい事を考えて伝えていく日々だ。仕事では特に去年から新しい業務を担当する事になり、新人になった気持ちで取り組んできたが、それでもこ

 先日、外出時にスマホを持っていくのを忘れた。ほんの2時間程度の外出だったが、スマホが無い事にかなりのストレスを感じた。ストレスついでにあれこれ考えたのでそれを書いてみる。  スマホの使い方として、本来は電話なのだから通話があるが、私はあまり通話しない(笑)

 過去に何度か触れた事はあるが、「人見知り」自体をテーマに書いた事が無いので書いてみる。  私は人見知りが酷い。昔はもっと酷かったが、社会人になって営業をしている中で大分外面は良くなった(笑)。一見、普通に誰とでも初対面からやり取りできるようになっているの

 あれから2年……と言われる今日が誕生日の私。2年前の東日本大震災があり、その二日後に不惑の歳、震災を通じて思う事を書いた。そこから2年。相変わらず不惑には程遠いままだ。  TVも新聞も、震災後の東北について、そして原発の今後のあり方について取り上げている。そ

 巡回してて見付けたこの記事を読んで思った事をつらつらと。 ◆なぜ個人ニュースサイトは衰退したのか? : ひびたま  まあ、自分でもやっているし、巡回先にニュースサイトは結構あるし、そこまで衰退した気はしないけれど、増えてもいかないな。好きなニュースサイトの

 もう40歳も越えて、若手とは間違っても言われなくなってしまった(笑)。寧ろ、中堅として、もっとしっかり頑張れという空気がある。実際入社してからそれなりに経っている事を考えても、当然、若手の見本になるとか、指導するという役割を求められる年代だとも思う。  自

 スマホの利用者が増えているけれど、最近では更にタブレットも利用者が増えている。スマホはiPhoneで、タブレットはiPadで火が付いて、AndroidスマホやAndroidタブレットが大量に出て来て、一体何をどう使って良いのやらという声も聞く。うん、会社でもそんな事を言う人が

 新年一発目の故事・ことわざネタ。意味は次の通り。 >>  なにをするにも十分な用意が要るというたとえ。  空腹では、戦争などとてもできない。なにはともあれ、まず腹ごしらえをしなければならないの意から。 (新編 故事ことわざ辞典(学研)) <<  学生時代も、会

 あけましておめでとうございます。今年も、ここ「ひとりごと」と「明日は明日の風が吹く」を宜しくお願い致します。  ということで、今年も例年通り、仕事・家庭・趣味について書いていこうと思う。  まずは仕事。引き続き今年も忙しくなるだろうと予想している。ただ

 さて、本厄だったこの2012年を振り返ってみる。例によって仕事・家庭・趣味の3つで。  仕事でいくと、大きな変化があった。想定外の異動に苦しみつつ思う事が多かった。今までやってきた仕事と全然違う、まるで経験の無い仕事をする事になった。まるで希望もしていないし

 巡回中にこの記事を読んで、色々と考えたのでそれをそのまま書いてみる。 **◆同世代のおっさんたちが遠い - 24時間残念営業  そうだねぇ。私も多分、同世代の人よりは若い方だと思う。否が応無しにネットで色々と情報が入ってくるし、Twitter等でやり取りしている時

 電子書籍市場が少しずつ広がってきている感がある。Kindleも日本発売開始となったし、凸版印刷とNECが組んで出したLideoも面白そう。どちらも回線費用を考えずに使えるようになっている点が、非常に魅力的に感じる。  また、ゲームもダウンロード販売が徐々に始まってき

↑このページのトップヘ