昨日の今日で早速リベンジ(笑)。昨日は、強風のせいでエレベーターを止めていたので、スカイツリーで上には行けず(参考:ソラマチへ行ってきた)、その代わりに1ヶ月以内に来た場合は、当日券では無く、予約していたのと同様の扱いで入れるという案内だったので、早速来てみた訳だ。

 今日こそは……今日こそはここに登ってみせる!という意味も無い思いを、真下から写真に撮る事で表してみた(笑)。

 で、あっさりと今日は入れて、そのまま地上350mの世界へ。

 もうね、外側が全部ガラスになってるから、絶景のパノラマがそこにあった。思わず写真撮りまくってたんだけど、この写真でも東京ドームとか見えるかな。とにかく上から見てる感じで、何もかもが小さい。距離感とかおかしくなりそう。

 単純に見るだけで無く、パンフレットにパノラマに合わせて、何処に何があるかの説明もあるんだけれど、タッチパネルディスプレイも置いてあって、そこで輪を動かしていくとそこの説明や夜の見え方なんかも出してくれる仕組みがあった。輪の中を拡大して見たりも出来る。子供達が嬉しそうに触っていて、もう大変。うちの息子も当然突撃してた(笑)。これ、タッチパネルでそうやって触って色々見る以外に、動画が流れて、昼・夜での見え方や、花火大会の様子なんかもあって、見ているだけでも面白かった。

 350m(展望デッキ)から450m(天望回廊)へも行ける(それぞれ有料)。上がったら、そこから回廊というだけあって、ぐるぐる周りながら登っていくのね。445mからぐるぐる回って450mへ。

 もうね、100mの違いで見える範囲が更に広がったというか、地上が更に小さくなったというか……絶景。天気がもっと良かったら凄く遠くまで見えたんだろうなと思う。

 さて、一通り見たし、ケーキも食べたしという事で帰ろうと思ったら、人だかりが……行ってみたら、下が透けてる床が。

 350m上空から見る地上……真下Verだ! 結構、女性客がキャーキャー騒いで怖がってた。子供達はわらわら群がって歩いてたけど(笑)。これ、この足下のガラスが割れたら死ぬなぁとか思いつつ、息子はバンバン飛び跳ねつつ(他の子も跳ねてたな)……キャーキャー言う女性がいつつ(笑)。

 田舎者の私ら夫婦としては、東京タワーには取り敢えず行ってた。息子も連れて行ってた(参考:GW帰省記(2005)。スカイツリーは行けるようになってすぐは混みまくるのが分かっていたので行かなかったが、そろそろ行くかという事で行った訳だが、なかなか良い展望だった。ただ、少し高いなぁ……何度も行くにはちょっと高かった気がするので、しばらく行けないかも(笑)。

 その分、今日はじっくり見て回って、しっかり楽しめたのでOK!