3/11が来た。3年前のこの日、東日本大震災が起こり……そして大災害となった。

 この日、私は40歳の誕生日だった。その日の事は不惑の歳、震災を通じて思う事としてまとめた。そして去年は誕生日を迎えて(震災から2年)という雑文にまとめた。

 今回で3年目であり、震災にも触れつつ書くのは3回目になる。でも、毎年思うのは、あの怖い日が繰り返されないで欲しいという事。去年も、今年も、この誕生日になるとやはり震災を思い出すし、それでいて自分の誕生日であるという事もあって、複雑な気持ちになる。震災の傷跡は癒えず、まだまだ大変な人達がいっぱいいる事も分かってる。

 でも、少しずつ、震災から立ち直り、普通にお祝いして貰える感じになってきた。今日もお祝いして貰ったよ。

 3年前は出張で家におらず、家族となかなか連絡が取れず、不安だった。

 去年は祝って貰いつつも、まだ震災についての意識も強く、素直に喜べない気持ちも強かった。そんな中でお祝いの言葉が嬉しかった。

 そして今年は……普通に誕生日を迎え、おめでとうの言葉をリアルでもネットでもいっぱい貰い、家では嫁さんが手料理を作って待っていてくれる。息子はお祝いの手紙をくれた。普通に、幸せな、嬉しい誕生日を迎える事が出来た。それだけで、そんな当たり前の事だけで、凄く嬉しい。

 5年経ち、10年経ち……そこで決してこの震災で起きた様々な問題、見えた課題への対応は怠ってはならないし、直接被害が無くても意識して対応の準備をしていくべきだと思う。自分の誕生日だから、自分はこうして今日も幸せだと感じられたから、それをずっと続けられるような、そんな日々を作っていけるよう取り組みたいと思う。