去年の春に仕事の内容ががらりと変わり、想定外の異動に苦しみつつ思う事を、ここではき出したりもした。

 前任者2人がいなくなり、1人で0から取り組むのは本当にきつかった。相談相手もいないし。ただ一人いたのが、前の仕事の時に多少関わりがあった人。仕事内容は今の仕事内容と同じで、地方にいたんだけれど、いつの間にか東京に転勤になっていて、仕事をするという事でその部署に行ったらいた! これが私の今の仕事のスタートだった。その人しか知ってる人がいないし、相談も出来ない。その人は忙しいのでなかなか相手して貰えない(笑)。

 飲みに行く暇も無かったし、私自身は何が何だか分からないので何を質問して良いかも分からない状態。これではなかなか物事が進まない。ただ、取り敢えず何かあった時には相談先があるというのが唯一の心の支えだったかもしれない。

 その後、地道に勉強したり、取引先に顔を出したりしつつ、分からないなりに動きを少しずつ増やしていって、動く事で分からない事が何かが分かってそれに取り組めるようになったりもした。

 ただ、結局、細かい事は分かって無い。もっと理解しないとなぁとは思いつつ、回せるようにはなってきた。細かい所については分かる人が誰かが分かってきた。自分では分からないのでその人に頼む。その人が動けない時は代わりに私が対応する為に何が必要かを教わる。そうやって私自身もレベルアップしていく。そのやり取りの繰り返しの中で、少しずつ信頼関係も出来ていって、気づけば打ち合わせや飲みに行く機会が増えていった。

 そして、先週末はある取引先との打ち合わせ。そこにこの一年で関わった人達も集まって、10人ぐらいになったかな。色々な関係者が集まったんだが、それぞれの分野のスペシャリストの集まりで、非常に贅沢だった。終わった後にそのまま飲みにも行ったしね。

 その中には、最初唯一関わりのあった、最初の人脈とも言える一人もいて、「☆YAS!☆さん(実際は本名(笑))、1年でよくここまで関係広げましたね」ってな事を言われた。確かになぁ……最初は飲みに行くどころじゃないし、そういう相手もいないし、人脈無いし。それがこうして凄く売上の高い取引先に、社内のこの業務分野のスペシャリスト、それらが一同に介してざっくばらんに議論をして、そして夜は飲みに行って……変わったなぁと。上司も一緒にいたんだけれど、飲みの後更に二人で飲みに行って「よく1年でこれだけ人脈を作ったな、凄いわ、今日のメンバー」とか言われた。私自身も感慨深い。

 安くて美味しい店で焼き鳥食べたんだけど、これは以前にその取引先の人と二人で行って、色々と仕事の事について語り合ったりした店(写真も以前の写真)。


 その時にはバラバラに今回集まったメンバーとの関係はあったけれど、それが一堂に会すとは。安くて美味い焼き鳥が今回は更に美味く感じたよ。

 私自身は今でも大してこの業務の知識は薄いし、細かい事は分からないまま。知識を広げようとは思いつつ、私自身が今やるべき事はそちらじゃなくて、もっと人脈を広げて、皆が売り易い環境作りかなとも思ったりする。そうして人脈が広がっていくと、一緒に動く仲間が増えて、より仕事がし易くなっていく。その仲間がいる事が更に次の仲間を呼び込んでいく。

 1年でどうにかその土台となる関係を作る事が出来たが、更にこれを広げて、それが皆の仕事において良い方向に進むようになるのであれば、先日のような楽しい飲み会がまた出来るんじゃないかと思う。楽しく仕事をして、楽しく飲んで、そしてまた次の楽しい仕事へ繋げていく。それがまた互いに取ってのメリットになって、より一緒にやっていこうと思えるようにする。それが理想かな。だからこの仲間が増えていく喜びを忘れずに、取り組みを続けていきたいと思う。