私はネットで☆YAS!☆というハンドルで活動している(Twitterではyastoroとかになるのかな)。当然、実名の私もいて、それは繋がっている。どちらも「私」ではある。ただ、見せている面がまるで違っている。

 ネットの私は趣味を中心に、思う事をつらつらと書いている。ネットでは発言がそのまま存在を表すから、私の場合はそういった趣味・ネタ発言を持つ属性が私の存在という事になる。ニュースサイト(明日は明日の風が吹く)での内容は、そういった私の趣味や考えが反映されている。勿論、ここ(ひとりごと)も同様。私がその時その時で思っている事を書き続けてきたから。

 それに対してリアルの私は、実名で存在していて、会社だったり家族だったりといった属性があり、それをまとった存在となる。家族の話題こそ多少被るかもしれないが、会社の事はネットでは話さないし、ましてや会社名があっての発言などはありえない。逆にリアルの私は、仕事の話が多い。金の話になる事も多い(笑)。飲みに行ったり、出張したりで、その先でのやり取りを、実名で始めたFaceBookに書いたりもしている。そこに書かれている内容は、ネットでの私の活動とはまるで別物だ。

 糸は繋がっていて、どちらも私でありつつ、見せている面が違う。どちらも私でありながら、関わっている人も違い、見せている面も違う。

 昔、ネットは別世界だった。少なくとも私にとってはそうだった。そこはリアルの私の属性を捨て去り、ただ「私の考え」だけで好きに喋り、やり取りしていける場所だった。今はネットがインフラと化している。やり取りをする方法の一つになっている。だから、実名でのFaceBookの活動を行う事に違和感が無くなっている。リアルでもそういうやり取りが手法の一つとして普通になってきたから。

 そうなると、同じ「私」がネット上に書き込んでいる事になる。仮想世界なのかインフラなのか……どちらもそうでありつつ、どちらも私でありつつ、しかし、その「私」は別人格のような活動をしている。一時は融合しても良いかなと思った事もあるが、やはり別人格過ぎて統一しようがない。

 私が趣味をさらけ出し、思う事を好き勝手書いていくには、リアル属性は邪魔過ぎる。その属性に縛られて、言いたい事が言えないという状況になるのは面白くない。やはり私はリアルとネットでの人格を分けていく必要がある。

 だから、私は仮面を被る。ネット用の仮面を。そして実名の私も仕事用での仮面を被っている。家に家族といる時の私は、仕事中の私とはまた違う。そしてここはネットに出てこない。仕事用の仮面、ネット用の仮面……それぞれを被り分け、自分の出し分けをしていく。人によって見せる仮面が違っていくという事はあるのだろうが、リアルとネットでの仮面は大きく違う。同じ私とは思えないぐらい違っている仮面……それで私はそれぞれの人格を出していく事が出来る。

 ネットで活動している人達は、リアルと違う仮面を被っているのではないかな? その仮面は大きく違うのか? ちょっとだけ違うのか? それとも同じなのか? 自分を見返してみて……さあ、どれだろう?