<1997年に書いた物を転載>

 SSなどと略すが、これはセガサターンと勘違いされることが多い(笑)。

 初めて書いたのが、昨年の6月だろうか・・・それまで自分でストーリーを考えて、それを文章にする、などと言う事をした事が無かった私が、どうしてSS作家になってしまったやら(笑)。

 PC−VANでの活動を続けている中で、ときめきメモリアルに関するBDを見る様になったのだが、そこで初めてSSを見たのがきっかけなのだった。私も何か書いてみようかな・・・ふとそう思い、書いてみたのが、このHPに最初に登録した、「寝物語」だったりする。私が書くSSは、ときメモばかりだったのだが、ワイルドアームズやNOёL、ヒロインドリームについても書くようになった。お話を考える事自体も楽しいけど、それを文章にするのが、また楽しい。勿論、既にネタ切れになっているので、最近はあまり書いてない(笑)。

 書いているSSのパターンは複数あると言えるのかな?ときメモは、ゲーム自体が恋愛SLGな訳で、自然と書いているSSも恋愛ものになってしまう。キャラをいかにも「らしく」したいと思うが為に、ゲーム内の台詞等を使うようにしていたが、最近はそれすらしなくなりつつある(^^;

 恋愛ネタを書いていても、別に自分のネタでは無いので、結構平気である(笑)。基本的に番外編というか、本編に矛盾しないように書く努力をしている。しかし、ときメモのSSなどは、量が増えていくにつれ、自分のSS内ストーリーに矛盾が生じそうになり、苦しんでいるのはここだけの秘密(笑)。

 ワイルドアームズのSSは、PLAYerの感想的なものが多い。今書いている「ヴァンブレイス」シリーズはきちんと番外編を目指して書いているつもり(笑)。

 ヒロインドリームのSSは、如何にも・・・というのを狙ってみたけど、さてどうだろう?個人的には「神楽姫子」がお気に入りなので、ちと力が入っている(笑)。しかし文体が少し失敗しているのが悲しい(^^;いつかこちらにも公開する予定だが・・・さて何時になる事やら(^^;

 NOёLはもっと書きたかったけど、後は書くネタが決まっている気がして書く気にならなくなった・・・想像力(創造力)の貧困さが私の弱点だと思わされる(笑)。最近は時間が無く、ほとんど書いていないが、また書きたいなぁ。


*サイトの方向性が変わったので、ショートストーリーは削除した。それでは寂しいので、一部だけここにリンクを貼っておきます。当時を知ってる人だけ楽しんで下さい(笑)。