<1997年に書いた物を転載>

 PC−VANでの活動として、私は当初OLT(チャット)をメインでやっていた。掲示板やフォーラムへの書き込みをあまりしなかった。OLTでは、日本中の会った事の無い人と話が出来ることがとても楽しかった。まあ、OLTでは、その場にいる者しか内容を見る事が出来ないので、仲間内だけの話題をしたり、他愛の無い挨拶ばかりしてたりした。

 その内BDに書くようになった。サークルという登録した人しか見ることが出来ないBDを自分で開設し、OLT仲間を登録して書き込みをした。その内、SIGの方にも書くようになり、その他の一般掲示板にも書き込みをするようになった。サークルという閉鎖的な場での書き込みは、結構好き勝手書ける。少ないメンバー限られたメンバーの中で書くわけだから、気楽だったのだ。それがオープンに誰もが見れるBDに書くようになってからは、ROM(=Read Only Memberかな(笑)。見るだけで書かない人の事)を意識するようになった。決まったメンバーの場所で書くのならば、その人達が分かればそれで良いし、分からない事を書く人だと認識されれば、分からない事を書いても問題にならない(笑)。

 しかし、いつ誰が見るのか分からないBDに書き込みをする、という事は、自分の知らない考え方をしている人が見ることもあるわけだ。私の書いている事にもの凄い不快感を持つこともあるだろうし、おっかけしてくれるくらい気に入ってくれる人もいるだろう。現に両方出てきている。このHPにしても、PC−VAN以上にたくさんのROMの目があると思われる。適当に検索してここを見つける人もいるだろうから、そんな全然知らない人が私のMSGを読んでどう思うか、それが少し怖い事ではある。

 ただ、それが心地よくもなっている。知らない人が見て、その人の判断で色々と思うからこそ、MSGを書く時に色々と考える事も出来る。あくまで「誰か」が見るのだという前提の元でMSGを書く、それが楽しい。勿論、私は私の書きたい事を書く。ただ、ROMの目を意識していよう、とは思う。その適度な緊張感・ドキドキ感があるからこそ、次のMSGを書く意欲が湧くのだから。SSも同じ。あれも読んでくれる人がいるからこそ書ける。最初は興味で始めた事だけど、それを公開し、感想を貰い・・・それを繰り返している内に、読んでいる人が楽しんでくれる物を書きたいと思えるようになった。

 やはりROMの目の意識は大事だろうね。オープンの場では、知らない人も見ているのだから、仲間内だけでしか分からない事ばかり書いていたり(勿論テーマ制のフォーラムなどは別)、「仲間意識」だけを前面に出し、自分達の思うような行動を取らない限り「仲間」から外すというような行動を暗に取るのは見ていて情けない限りだろう。人には人の価値観があり、一々それに口出しする物ではないのだ。自分の考えを言うのは構わないだろうが、それを絶対のものだと信じ込んで人に押しつけてくる輩は困ったものだろうねぇ。

 HPでは、基本的に私からの一方通行な情報発信(と言うほどの情報は無いが(^^;)を行っている訳で、その感想を知ることは難しい。PC−VAN関係の人は、そちらで感想を貰ったりしているが、このHPで初めて私の事を知った人には、メールを貰ったり、「げすとぶっく」に書き込んで貰って、色々と言って貰いたいな。私が意識している「ROM」の人からの意見を聞いてみたいから・・・思わず感想を書いてしまうぐらい面白い事を書けば良いのかも知れないけどね(^^;