下記のような記事があったので、取り上げてみる。今回書こうとしている事は、以前にも似たような内容で書いているが、こんな流れになっているんだったらという事で再度書く。

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
 今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。
 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

(共同通信) - 6月27日9時36分更新

 「悪の温床」という表現もどうかと思うんだが……実際にそういう面もあるので、何らかの対応策は必要だろうが、それが一律「実名化」で対応するというのはどうかと思う訳で。少なくとも、裏では何処の誰であるかが確認できる手段が必要にはなるだろうが、それこそ犯罪に繋がるような内容の場合にそれが使えれば良いのだし、普段から実名でなくてはならない理由にはならないと思う。

 例えばユーザ登録の際に、実名登録必須の徹底をするとか。実名で仮登録させて、そこに郵送で資料を送って、そこにあるパスワードで本登録させるとか。これなら偽登録は出来ないだろう(非常に面倒くさいが)。普段はこの情報を表には出さないが、犯罪に繋がる内容の場合は警告も送り易いし、警告の重みも増すだろう。犯罪が起きた場合は、警察から情報提供を求められてもすぐに出せる訳だし。そういう点を強く訴求すれば、抑止効果が出ると思うのだがどうだろうか。

 勿論、登録情報が悪用されないようにしなくてはならないし、個人が特定できるからこその監視などという事もあってはならないと思う。その為の法整備は必要になるだろう(政治家は寧ろ監視する為の法整備をしそうだが)。

 私などは、匿名だから書けるという事もあるので、実名強制になったら止めてしまうだろう。あくまでもハンドルネームだから、実在の自分とは別で書ける事がある訳だから。これは、日記を書いたりしていても、あくまでもそれは「☆YAS!☆」というネットの架空の人物の日記であり、実名の○○の日記では無いという点にある。内容は実名○○の日記ではあっても、それを敢えてハンドルを使う事で不特定になり、何処かの誰かの日記になる。

 そういったメリットがあるからこそ、ハンドルを使い、色々と書く事が出来ている。これが実名で書けと言われたら、書ける内容は半分以下になるだろう(ほとんど無くなるかもしれない)。今書いている日記(すばらしい日々)の内、仕事に関する事はまず書かなくなるだろう。子供の事も書かないだろう。

 仕事に関しては愚痴が多いからであり、そんなものを上司等に見られたくは無い(笑)。酒を飲んで愚痴ってるサラリーマンと同じで、ようはガス抜きをしているだけなのだから、その現場を上司に見られると分かっていたら誰も言うまい。子供の事についても実名で特定されるのであれば、情報を流すつもりはない。どちらも不特定の誰かという曖昧な位置づけだからこそ書いているのであり、個人特定されるような事は書きたくも無いし、書かないように注意をしているぐらいだ。それを実名でやれとか言われた日には……やってられない。

 この「ひとりごと」にしても同じ。私の恋愛観や、思想、ネットゲームの事等、リアル知人に、特定された上で読まれるのは勘弁願いたい。匿名だからこそ、本名の私の内面を出せるのだし。私の思考・思想を一番出しているのがここだけに、会社の人に見せる面では無いこのブログを見せたく無い。会社の人とは、仕事の話をする相手であって、私の思想や思考について知って貰う必要は無いし、知られたくない。

 「明日は明日の風が吹く」も書き辛くなる。『本名の私』がどの様な趣味を持ち、どの様なサイトを見て回って、どの様な事を面白がるかが、ネタ列挙で分かる。更に、ジャンプを読んでいるとか、どんな感想を書いているとか、どんな本や漫画を読んでいてどう思っているのか……それらが全てそこに書かれている。私の趣味等が丸分かりだ。

 結局、現実では見せない内面が出せるのは、匿名だからだ。特定されない私の事を書くのであれば、気楽に内面を出せる。多少きつい事や、メルヘンな事や(笑)、ヲタクな事も、遠慮せずに出せる(それでもまだ遠慮しているが)。実名であれば、普通の人間関係以上の事は書き辛い。特定メンバーを相手にする現実世界ですら出さない事を、不特定多数に見られる場所に実名で出せる筈がない。

 『本名の私』の『現実』を『匿名の私』の『現実』としてネットで書いているのが今の状態。そして『匿名の私』は『本名の私』の影であり、特定はされないが、一つの形を持った誰かという事になる。そして、『匿名の私』が書いた事は何処の誰とは分からない誰かの『現実』の『影』としてそこにある……『本名の私』の色々が『影』としてそこに投影されている……だから、嘘では無いが特定出来ない『真実』がそこにあるのだと思う。そういったメリットを失う実名化については、私は反対したい。