ブログを試してみたくて始めた「明日は明日の風が吹く」が徐々に形態を変えて今のニュースサイト形式になったのが2005/8頃。そこから1年半ぐらい経った訳だが、この形態が面白くて仕方が無い。

 私のやり方は、ニュースとして紹介する元記事があって、それがタイトルになる。そしてその内容について思った事をコメントとして書いていく。このコメントは完全に私の思った事であり、自分語りだけで出来上がっている。そしてそれはそういう形式として否定されずにいるので、こうしてやっていけているのだとも思っている。

 この自分語りコメントを大量につける事で何が生まれたか。元々は雑文書きがやるニュースサイトだから長文コメントつけて差別化するか、ぐらいのつもりだったが、やってみると、その私のコメントに対してコメントして貰える事が分かった。元ネタを受けての私の考え……に対するコメントを貰えるようになった。

 このコメントを貰える事の副次的な面として、私が間違った事を書いたり、情報が足りない時に、それを指摘・補足してくれるコメントがつく事がある。それによって私自身「成る程」と参考になるし、恐らく閲覧している人達にとってもそうではないかと思う。

 これは想定していなかったが、ブログというシステムを考えたら可能性として有り得た事だったと思う。そしてそれが起きている今、非常に嬉しいし、ありがたいと思っている。私だけでは足りない内容を、もっと詳しい人達が善意で教えてくれているのだと思うと、感謝してもしきれない。

(1)元ネタ
(2)私のコメント
(3)更にそのコメントへのコメント

 この内、最初の2つはブログでなくても出来ていた。しかし3つ目はブログだからこそ出来た事だと思う。そしてブログというシステムでも、コメントをつけて貰えなければ出来ない訳で、そういった意味でも、コメントをしてくれている人達がいる事が、とても幸せに感じられる。

 他にも楽しい事がある。自分のコメントを色々書く中で、自分の好きなモノ・興味の湧いたモノを紹介し、それを読んだ人がその同じモノに対して良い感情を持ってくれる事も嬉しい。これも実例がある。

 昨年から延々と「世界樹の迷宮」をプッシュし続けてきた。私としては、発売前であるにも関わらず、インタビューやシステムの情報を見て、「これは絶対に面白い」と感じたからプッシュしていた。

 その私のプッシュを読んで、興味を持って買ったというブログ記事を幾つか見た。 そして、その影響で購入した人に「影響されて買ったけど、面白かったし、買って良かったよ」と(コメントやTBで)言って貰えたのだから、お勧めした側としては、これ程嬉しい事は無い。

 ただ単にプッシュではなくて、「○○なところが面白そう」という形で、私が何で面白そうだと思っているかも書いていったので、それを面白いと思う人が買って、そして予想通り面白かったという事ではないかと考えている。これも長文コメントタイプでやっているメリットだと思う。

 そして、その人のブログやうちのブログで、その内容についてコメントをつけたり、SNSの方でやり取りしたりと広がっていった。そういうきっかけの一つにうちがなれた事も嬉しい。

 色々と面白そうな物を見つけてきては、並べてニュースとして紹介する。それに対してコメントをつける。それを受けて、それ以上の情報を貰えたり、その内容について話が出来たりという喜び。私が面白いと思うモノを紹介して、それを見た人が同じモノを面白いと思ってくれる喜び。こういった事があるから、益々ニュースサイト運営が楽しくなっていく。

 実例を二つ書いてみたが、結局これは同じ事なのかもしれない。何か元があって私がコメントを書いて、それを見た人達がそれを受けて「何か」をする。それが直接私のブログへのコメントであったり、私が楽しいと思う事を共有して楽しいと思ってくれたり……

 ニュースサイトと言えど、紹介するだけではなく、そこからリアクションがあったり、広がりがあったり、これをきっかけにやり取りする事が出来たりと、ブログならではのやり取りが出来ているのも面白い事だと思う。それを煩わしいと思う人もいるので、全ての人に勧めるわけではないけれど、私のようにそれを嬉しいと思う人にとっては、ブログでのニュースサイト運営は面白いと思う。

 自分が面白いと思う事、興味がある事を集めてきて、それに自分のコメントをつけて公開する。それに対して同じく興味を持つ人、もしくは影響されて興味を持った人がコメント等の反応がある。そしてそれを通じて色々な人と交流し、その交流のコメントすらも、ニュースサイトの一部として残る。

 面白いと思うのは自分の感性であり、それを見て面白いと思う人が集まってくるのであれば、下手なプロフィールを書くよりも、余程自分の趣味に近い人と話が出来るように思う。そしてそのやり取りをし易くする機能を持つブログ……相性が非常に良いように思う。

 これからブログやってみようかな、という人に、こういったニュースサイト形式でのブログ運営も一つの形としてお勧めできるのではないかと思う。大量コメントは大変かもしれないけれど、気になった記事だけでもコメントを多めにつけて、後は普通に紹介するといった形でも良いと思う。こうしてみると、ブログらしいブログの一つにコメント大量型ニュースサイトという物もあるのではないかとも思う。

 面白いと思う事、好きな事、そういうモノがあって、更にブログに興味がある人……コメント大量型ニュースサイトも検討の一つに入れてみてはどうだろうか?