巡回していて、「日日俺酔狂」さんの紹介しているこの記事から思った事をつらつらと……書いていたら長くなってきたので、纏め直してこちらで(笑)。その元記事はこちら。

記事の中身と本音とのバランス

 これは分かるなぁ。嘘は書かないけれど、本心そのままではないというか。本心を全ては書けないという方が近いかも。

 私個人の考えを書くという事で「自分語り」は散々やってるけれど、それでもある範囲内だけかな。そこから外れるような事は書いてない。この枠は私が勝手に作ったもので、誰もがそうすべきとも思ってないけれど。表現方法や、取り上げる範囲等、完全に本音という意味では書けない事がある場合は書く事すらしない場合もある。

嬉しい記事は共感できるように、他の意見は見た方の参考くらいになれば・・・

 私もこれだな。ニュースサイトであり、私のコメントが結構ありというサイト(明日は明日の風が吹く)をやっていて、紹介するニュースは共感出来るように、私のコメントは参考になればという感じで。興味を引けるようなコメントを書きたいなというのは、雑文書きの思いでもあるんだけれどね。

 思う事をそのまま書いていったら、もっと毒だらけの文章になるし(昔、そういう文章だった)、荒れるだろうなとも思う。荒れて嬉しい訳でも無く、また、読み手に対して嫌な気分を味合わせたい訳でも無く……それならば、嘘は書かないけれど、本音をそのまま書くという事は抑えて、穏便なコメントにしていくという方法を取るという事はあるな。

 昔は感情がかなりストレートに出てた。個人的にはその頃の文章はそういう点で好きなんだが、隙も多かったな。例えば、今、普通にそういう文章を書いて掲載していたら、はてブコメント等で叩かれまくってたんじゃないかという気もする。悪い意味でアクセスの多いサイトになっていたかもしれない……が、そんなの嫌で閉鎖してしまうだろうから、やはりそれは良く無かったと思う。

 ここ数年、色々と思う事を書いてはいるが、出来る限り表現には気をつけている。それによって文章から見える感情が薄くなったなとも思うし、それをどうにかしたいとも思ってる。単純に感情が出ていた文章の方が、私の思いがそのまま出てたように思うから。ただ、それをやり過ぎると、読んでいる人が不快になる可能性が高い訳で……

 だから、今の私が書く文章は、基本的に楽しいと思った事、興味を持った事が中心になっている。ある程度本音を書き易いように。表現は気をつけるけれどね。たまにニュースを取り上げる際に、感情的に怒ったコメントを付ける事もあるけれど……それもある程度は抑えていかないとなぁとも思う。

 嬉しい感情の文章化は人も楽しめる、若しくは放置し易いんだけれど、怒りの場合は、他の人が放置し辛いんじゃないかと。あまりにも激しい怒りの場合は放置するけれど、ちょっとした怒り程度だと、読み手もカチンと来て感情的なコメントがついたりとかね。それは互いに不幸なやり取りになりかねないので、出来る限り抑えて、私の「考え」を書くようにしている。「感情」ではなくね。そういう時って、本音は「感情」の方にある場合が多いんだけどね。

 私が書く文章は、あくまでも私がスタートの自分語りではあるけれど、全てそのまま出す事は上記の通りあまり宜しくないと考えている。だから、私の一部が出ていると思って貰った方が良いのだろうね。嘘を書いている訳ではなくて、一部。他にも色々な事を考えているけれど、ネットというオープンな場で書けるのは、その中の一部でしかない、そういう位置づけで。

 それでも、毎日色々な事を書いていける。思う事、考える事、楽しい事、嬉しい事は、毎日幾らでもあるという事でもある。私のメインサイトである「それさえもおそらくは平凡な日々」というタイトルの通り、平凡な日々を過ごしている私が、その中で思う事の中で楽しめる事、興味深い事を、日々書き続けていけたらと思う。